海外旅行に行くなら持ち物チェックは欠かさずに

海外旅行に行く際、うっかり忘れ物をしてしまっては大変です。

パスポートや航空券などの必需品はもちろんのこと、日用品の忘れ物も大変です。日本ならどこでもコンビニ等で買えたりしますが、海外ではなかなかそうもいきません。

以下では海外旅行へ持っていった方が良いと思われる物のリストを作ってみました。

初めて海外旅行に行く方も、何度も行っている方も、海外旅行に行く際には持ち物リストを作ってしっかりチェックしてから出かけましょう。

貴重品

パスポート 命の次に大切というほど大事。絶対必需品。無いと海外に行けません。
航空券飛行機に乗るには必須。
各種控え 万が一の時のためにパスポートや航空券はコピー。連絡先なども控えておく。
海外旅行保険 海外で病気・事故・盗難などに合った場合、頼れるのは海外旅行保険。万が一の時に備えて必ず加入しておく。 ⇒海外旅行保険にタダで入る方法とは?
現金 日本円と現地の通貨を用意しておく。クレジットカードと併用し、あまり多額の現金は持ち歩かない。 ⇒外貨両替で得する方法とは?
クレジットカード 多額の現金を持ち歩く必要がなくなるので必需品。
⇒海外に強いクレジットカード特集
ビザ 訪問国によっては必要。
キャッシュカード 国際キャッシュカードなら海外のATMでもお金をおろせるので便利。
証明書用写真 万が一パスポートを紛失した場合、再発行に必要。
トラベラーズチェック 盗難されても再発行してもらえるので便利。 ⇒手数料無料にする方法とは?
国際運転免許証 車を運転する場合必須。
腕時計 現地の時間に合わせる。
家の戸締りはしっかりしておくこと。
携帯電話 海外対応であれば。
鉄道・バスのパス等 交通機関を利用するなら持って行く。
日程表 ツアーなら必需品。個人の場合も作っておくと便利。

日用品

常備薬はもちろん、風邪薬・胃薬・解熱剤・酔い止め等必ずもって行く。
着替え 日程に応じて数を用意する。
靴下・ストッキング 日程に応じて数を用意する。
寝巻き 日本の浴衣のように寝巻きが置いてあるホテルは少ない。
下着 日程に応じて数を用意する。
衛星用品 爪きり・包帯絆創膏など。万が一怪我をしたときのために持っておく。
上着 暖かい時期でも朝晩冷える場合がある。飛行機の中も冷えることがあるので冷え性の人なら必需品。
タオル ホテルに用意されていない場合がある。
洗面用品 歯ブラシ洗顔など。ホテルについていない場合がある。
浴用用品 ホテルについていなかったり、海外のものは成分が違うので日本人に合わない場合がある。
化粧品 現地で買ったものは体質に合わない可能性もあるので、普段使っているものを。
コンタクトレンズ・眼鏡 普段使っている人は忘れないように。コンタクトの人は眼鏡も持っていく。
エチケット用品 ウェットティッシュを持っていると便利。
生理用品 気候が違うと体調も変わることがあるので、女性は必ず持っていく。
洗剤 自分で洗濯をするなら。
スリッパ 機内やホテルについて無い。
ハンガー ホテル内で洗濯物を干すときに。

スーツケース 旅行日数に応じたサイズのスーツケースを。
カバン 普段持ち歩く用。
ビニール袋 何かと使う機会がある。
筆記用具 日記の記帳や飛行機内で書類を書かされることがあるので持っておく。
ガイドブック 個人旅行なら特に必要。
会話帳 積極的に現地の言葉を話したいなら必須。
腹巻型貴重品入れ スリの多い国もあるのでパスポート等大切なものは入れておくと安心。
目覚まし時計 小さいもの。
文庫本 飛行機や乗り物での移動中の時間つぶしに。
圧縮袋 衣類を圧縮すればかさばらないで済む。
ワイヤーロック 鉄道旅行にお勧め。荷物から離れるときにはワイヤーロックで固定して離れる。
スーツケースベルト スーツケースがうっかり開くのを防止。荷物受け取りの際目印にもなる。
新聞紙 お土産などを包む際に使える。
懐中電灯 万が一停電したときや、暗い場所を歩くとき用に。

電化製品

変圧器 電源変換プラグも一緒に国にあったものを買っておく。
デジタルカメラ 充電器又は交換用電池も忘れずに。
ビデオカメラ 充電器又は交換用電池も忘れずに。
各種メディア メモリやフィルムが不足しないよう多めに用意しておく。
ドライヤー 髪や洗濯物を乾かす用。
電卓 買い物やレート計算に。

必要に応じて

お洒落着 高級レストラン等に行く場合。
雨具 雨の多い時期なら。
帽子 暑い地域に行くなら必需品。
水着 ハワイなどのリゾート地やプール付ホテルに泊まるなら必需品。
防寒具 寒い季節や地域に行くなら必需品。
日記帳 旅の記録をするなら。
折りたたみナイフ 現地で果物などを買った時に使える。機内には持ち込めないので、スーツケースに入れて持っていく。